語学的な

恥を晒します。

encore…エンコアって何?と思ってググったら、「アンコール」やないかーい!

ううむ。どうして今まで知らなかったのだろうか?

フランス語encore (もう一度、といった意)に由来する言葉であるが、現在これを再演の要求に用いるのは英語圏の住人がほとんどで、フランスではもっぱらUne autre (もう一つ)あるいはbis (ビス)が用いられている。
なんとなく
タイクーン=大君
ということは知っていたのだが、中国語由来だと思いこんでいた。
でも今考えると、私が思っていた大君は「大人(ターレン)」の勘違いだったかも…。
(「大人」は創竜伝という小説に出てきたのを記憶している。懐かしい(遠い目))
ともかく、まあそうなんだろう、くらいにしか考えていなかった。
が、ググってみたところ、

タイクーン(tycoon)は、英語で「実力者」や「大物」を意味する。「大君(日本国大君の略)」に由来する。

うーん、なんか薄い。本当かな〜?

tycoon(大君)という言葉はペリーが日本に来航した後、アメリカに持ち帰って広まったそうです。

なるほど。本当っぽい。でも知恵袋だから鵜呑みにはできないなー。

1857年、日本の将軍に外国人が与えた称号(将軍支持者が外国人に対して使用したとされ、将軍が天皇よりも重要であることを伝えようとしたもの)、日本語の「taikun」から派生しました。

おおー、ホンモノ!
しかし、このサイト自体が信用できるのか…?
Wikipediaでも紹介されてる(オンライン・エティモロジー・ディクショナリー - Wikipedia)し、アプリにもなってる(エティモンライン - 英語語源辞典 - etymonline - Google Play のアプリ)。しかも評価は星4.8という高評価!
信用して良いでしょう。

つーわけで、tycoonは日本語由来でした!
意味は「力を持った重要人物」という感じ。

そもそも今回調べるに至ったキッカケは…
『Train Valley 2』は、トレイン・タイクーン・パズルゲームです

これなんです。
※2023/7/20までEpicGamesというところで無料で手に入りますので、気になる方はドゾー。
(宣伝するつもりはありませんし、私には何の得にもなりません(-_-;))

トレイン・タイクーン・パズルゲームとはなんぞや?
から、タイクーンの語源を調べることになった次第です。。

今別の視点からググったら、こんな記事が。
タイクーンと付くゲームまとめ!経営シミュレーションゲームアプリ他 | アプリ場

なるほど。昔で言う「シム〇〇」的な、経営シミュレーションゲームにはタイクーン入の名前をつける風潮があるということか。で、タイクーンゲームというジャンルになりつつある、…のかな?

【海外で使える】「冷蔵庫」は英語でrefrigerator、略してfridge!冷蔵庫は?| Kimini英会話

refrigerator
・・・だとっ?!

こんな単語初めて見たかも。。
冷蔵庫ほどの身近なモノで英語を知らないなんて意外。
冷蔵庫の英語かー、あー、なんだったっけ?知ってるはずなのになー、忘れちゃったよー。
とか言っていたけど大ウソでした。ごめんなさい。
どうやら知らなかったみたいです。

にしてもこの英単語、読みにくいなー。
どう発音して良いやら…。

でも今どきは発音もバッチリ調べられちゃう。
発音
ruh・fri・jr・ay・tr

カタカナにすると
ルーフジュレイタァ
って感じかな。
カタカナにしてもなんだか読みにくい…。
ひらがなにしてみる
るーふじゅれいたぁ

ワタクシメ的にはなぜかこっちのほうが読みやすい。
アクセントは「り」に置きましょう。

まだまだ知らないことってたくさんあるなぁ…。
《注》↓この囲みの中は間違いです。もっともそうに書いているけど間違いでした(-_-;)
「挽回」は「元に戻す」という意味があるので、「汚名挽回」は「汚名の状態を元に戻す」と考えられ、誤用ではない。

「疲労回復」は、「汚名挽回」を理解するためにちょうどいい例だと思います。

まさに、ちょうどいい例だと思います。
疲労回復も誤用だと思うのです。誤用と言うか省略になるのかな。
「疲労」自体を回復する訳ではなくて、疲労した「身体」を回復するんでしょ。
回復も挽回も同じ意味で『元々持っていた、失ったものを取り戻す』なわけで。

疲労回復を額面通りに受取ると下記のようになるかと。
・元々疲れていた
・休養するなりして疲れが取れた(疲労を失った)
一旦この状態になってからの…
・再び(運動するなり労働するなりして)疲れた
これこそが真の「疲労回復」であろう。

間違いというか、勘違い・解釈の違い、になるのかな。
というのも、「回復」には2つの意味があるからなのです。
1 悪い状態になったものが、もとの状態に戻ること。また、もとの状態に戻すこと。「健康が―する」「ダイヤの乱れが―する」「疲労―」

2 一度失ったものを取り返すこと。「名誉を―する」「信用―」

先述の囲みの中で書いたのは2の意味で捉えた解釈で、1の意味で捉えれば誤用でもなんでも無い。
「疲労回復」=「疲労のない状態に戻る」ですね。

あー、これで解決!と思ったけど、ここからシナリオは2つに分かれますね…。
2つのシナリオをA案とB案と呼ぶことにします。

■A案
一方で、「挽回」には「回復」のような2つの意味はなく、上記でいう1の意味が存在しない。
[名](スル)失ったものを取り戻して、もとの状態にすること。回復。「勢力を―する」「遅れを―する」「名誉―」

この用例ですら勘違いして「遅れを―する」とある通り、先人達も「挽回」と「回復」を混同して用いたのであろう。「遅れたダイヤを正常に挽回する」が正しい。

■B案
「挽回」も「回復」と同じように2つの意味がある。よって私が勘違いした先述の囲みのような誤解を受けやすい。
汚名挽回が誤用でないとする解説に『「挽回」には2つの意味があるんだよー』と書かれていれば、あーそうなんだ、とすんなり受け入れられたような気がする。

A案はぶっとんでいるので(辞書にまでケンカを売るという暴挙(^_^;)、まあ世の中に採用されるのはB案のほうでしょう。。

ところで「挽」の字自体の意味を考えると…
,辧憤)く。ひっぱる。ひきもどす。「挽回」 ⊃佑了爐鬚い燭燹「挽歌」 類´輓(バン) のこぎりで切る。また、すりつぶす。

ただ引っ張って戻す、向こうに行っちゃったのを引き戻す。だけの意味で、「回復」のような「良い方向に」という意味合いは無いように思える。
やはりワタクシメ的にはA案だと思うなー。
「挽回」「回復」混同説。とでも言おうか。

まあでも言語はナマモノ。正しいという意見が多いほうが正しい。
いや違うな。大きい声で言ったほうが勝ち。ここで言う大きい声というのは権力であったり影響力であったりそういうもの。
私のような小声で発言しても風前の塵がごとし。
悲しいけどこれ現実なのよね。

あー、最も言いたかったことを忘れておったわ。
システムエンジニアの端くれとして下記のごとく言上いたしたい。
この問題、「ウィルスソフト」問題と似てるよね。
ウィルス対策ソフトもしくはアンチウィルスソフトだよね、言いたいのは!
って、以前なら肩肘張って訴えたと思う。
でももう今となっては「ウィルスソフト」でもいいや、って思うのよ。
僕の心が昔より大人になったからなのか…?
provisoの意味・使い方・読み方|英辞郎 on the WEB
〔契約などの〕条件、ただし書き(の規定)