Engineering

結論から言うと、↓この記事の通りです。
autocomplete="new-password"とすることで、自動補完が機能しなくなる


chromeブラウザのログインフォーム用パスワード保存機能、便利に使わさせていただいております。Google様、いつもありがとうございます。
なんですが、、、Webアプリケーション作成者側からすると、意図せず働いてしまい困った事態となってしまいました。
っというお話。

ID/PW入力判定がどのような基準で発動するのかが不明。
PHP側で受け取った時に扱いやすいよう配列化しているのだが
<input type="text" name="data[line_account_name]" />
という入力項目を増やした時に反応した。
元々
<input type="text" name="data[name]" />
という項目はあったのに発動していなかった。
「account_name」という文字列に反応したのか…?
name属性を色々変えて試してみた。
hoge_account_name_fuga → ◯
hogeaccountnamefuga → ◯
accounts_name → ✕
accountsname → ✕
account?name → ◯
account=name → ✕

name属性じゃなくてid属性にも反応するようだ。
<input type="text" id="data[account_name]" />
でも発動。

親切のつもりが、場合によっては迷惑になる…。
これで便利になって皆に喜ばれる、と思って作ったら『小さな親切余計なお世話』なんて言われたら切ないよね(´Д⊂グスン
うーむ、難しいなぁ。
まさにコレなんだけど。
アカウント連携の解除について、Messaging APIに対してrequestを送信する必要などはなく、連携解除の際にはサイト側で持っているデータのみの削除で完結します。

まー、頭が凝り固まってると、ダメだねー。
LINE連携の解除というと、スマポアプリ側で設定することが思い浮かんで、この操作をAPI経由でやるにはどうするんだ?と考えた。
一度そういうアプローチをしてしまうと、軌道変更って難しい。
でも、答えを知って目からウロコ。
Webサービス側が持ってるLINEユーザーIDを破棄すればええんやん。
LINEと我々を結ぶ糸はLINEユーザーIDのみ。これ無しで連携なんてできませーん。
ま、LINEアプリ側には連動アプリとして残っちゃうけどね。
と思ったけど、これを気にするということは、連動解除する画面まで行けてるってことだから、そのまま連動解除すればいいじゃんー、って話だよね。
HTMLで下記のように「menu-open」クラスをつければ良い。
<li class="nav-item has-treeview menu-open">

っという話ではなく、HTML出力が終わってから、javascriptで開きたいという話です。

ドキュメント(Treeview Plugin | AdminLTE v3.2 Documentation)読んでメソッドを叩いて、出来上がり…って、あれ、メソッド無いのー?

ググっても見つからない。AdminLTEってマイナーなん?

仕方がないので、手動?で開くことにした。
<script>
jQuery($ => $('.nav > .nav-item.has-treeview:not(.menu-open) > .nav-treeview > .nav-item > .nav-link.active').each(function(){
$(this).closest('.nav-item.has-treeview').addClass('menu-open').children('.nav-treeview').show();
}));
</script>

↑これを</body>タグの上に入れれば動くはず。
詳しい説明は、今はできませんorz...

【追記】treeviewウィジェットの最小構成が分かってなかった。ていうか今でもわか蘭けど。
↓なるべく最小構成に寄せてみたので、上記ので『動かねぇよ糞がっ!』となったヒトは試してみて
<script>
jQuery($ => $('[data-widget="treeview"] > .nav-item:not(.menu-open) > .nav-treeview > .nav-item > .nav-link.active').each(function(){
$(this).closest('[data-widget="treeview"] > .nav-item').addClass('menu-open').children('.nav-treeview').show();
}));
</script>

これでも動かなかったら…ゴメンナサイm(_ _)m💦
藁をもすがる思いでやってみて動かなかった時ってイラッとしますよね(T_T)

でもね、ウチのような弱小閑散ブログに対し、過大な期待は禁物。「どーせ動かないんでしょ」くらいの気持ちでお試しいただくのが健康のためとご提言申し上げ奉り候。
powershell
cls
exit
で復活する。powershellのclsが有効。

↑で解決できました。

わかりにくいと思うので、補足させていただきます。
カーソルが表示されなくなったコマンドプロンプト画面で、
powershell コマンドを実行
すると、PowerShell が開始されます。PowerShell ってなに?という方はググればわかると思いますが、簡単に言えば「コマンドプロンプトの上位版な感じのやつ」です。
この状態でそのまま
cls コマンドを実行
すると、画面がクリアされ、1行だけ表示な状態になります。(cls = clear screen; 画面クリア)
この画面クリア時にカーソルが復活するかと思います。
で、
exit コマンドを実行
すると、PowerShell が終了し、元のコマンドプロンプトに戻ります。
※apacheでヴァーチャルホストな場合の話です
掲題の通り、httpのアクセスをhttpsにリダイレクトさせたい。
といっても、Let’s Encryptを使うと自動で設定してくれますね。
↓こんな感じ。
<VirtualHost *:80>
ServerName example.com
RewriteEngine on
RewriteCond %{SERVER_NAME} =example.com
RewriteRule ^ https://%{SERVER_NAME}%{REQUEST_URI} [END,NE,R=permanent]
</VirtualHost>


でも、コレって「Redirect」ディレクティブを使えばもっとシンプルに書けるんでないの?
<VirtualHost *:80>
ServerName example.com
Redirect permanent / https://example.com/
</VirtualHost>


うーん、実際にやってみると同じ挙動のように見えるんだけど。
なにか問題があるのかなー?

「Redirect」ディレクティブが入っている「mod_alias」のマニュアルにこう書いてある。
mod_alias は簡単な URL 操作向けに設計されています。 より複雑な操作、クエリーストリングの操作には、mod_rewrite で提供されるツールを使用してください。

今回のは『簡単な URL 操作』にあたるのでRedirectディレクティブを用いるべき、と思うのだけど…。

教えて詳しい人!
…って、こんなところで言っても誰も教えてくれないだろ(^_^;