某百円ショップでカレンダーが売られていて、ちょっと見てみたときに気になったことがあった。
一粒万倍日にならんで「不成就日」という記載が。

一粒万倍日は、ちょっと前から有名になったという印象。
宝くじなどの売上を伸ばすための口実に利用されている。
何故そう言い切れるかというと、以下のような理論である。
この日は買うと良い、と言う一方で、この日は買わないほうが良い、とは言わない。
そしてその、この日は買わないほうが良い、という日もちゃんと存在している。
それが「不成就日」である。
一粒万倍日だけ喧伝しておいて不成就日には触れようとしないのだから、都合良く利用していると思っても仕方ないでしょ!

まあ、日によって運命が変わるなんて、リクツでは説明しようがないし、ワタクシメなどは迷信だと思ってます。
でも、そんなこと言っておいて、気になってしまっているのです。
今度の13日のことが。

2023年1月13日は金曜日である。
そう、あの有名な「13日の金曜日」ですね。
そして、もうお察しかと思いますが、この日は「不成就日」でもあるんです。

↓こちらの記事に書いてあります。
一粒万倍日とは?2023年はいつ?天赦日と重なる日も紹介 | SKYWARD+ スカイワードプラス

この記事内では様々な吉日、つまり縁起の良い日を挙げておられるのだが、2023年1月13日は数ある吉日には1つしか該当しない。なんと一つも該当しない、と言いたかったところだが…。ま、でもまるでこの日を避けるかのように多数の吉日が該当しなかった。
これはなにかあるのではないか、と思うには充分な事実と言ってよいのではないか。
※出羽内科の宣伝ではありません
※実在してたとは知らなかった…その病院、出羽内科ではないか!

さて、13日の金曜日って、無宗教なワタクシメには、あの映画のせいで不吉扱いされてるんでしょ、ぐらいにしか思ってなかったんだけど、なんと病名があるほど多くの人が信じているそうだ。
13日の金曜日はなぜ不吉なの? | ギズモード・ジャパン

病名:friggatriskaidekaphobia
なげぇ。。カタカナにするとフリガトリスカイドカフォービア、って感じかな。
神話の女神がどうのこうの、という由来らしい。適当。

あー、もう飽きてきたからやめよ。
そして、この日になにか起きたら、『だから言っただろ!』と声高に主張する。
何も起きなかったら、しれーっと放置。
これぞ確証バイアス!


…まだ続くよ(^_^;
投稿時点では、"2023年1月13日"でググっても、上位には不吉という記事は無かった。
この記事が初出かもしれないなー(゚∀゚)!

劇場版イチケイのカラスの封切り日なんだな。
豪快にコケそうな予感\(^o^)/
不吉日に気付かなかったのか、気にしなかったのか、あえてぶつけてみたのか、どれなんだろう?