最近になって、といっても半年以上経ってるんだけど、、ウチの前の細い道をストリートビューの撮影車?が入ったらしく、見ることができるようになった。

↓もしかしたらコレかも。
グーグルストリートビュー撮影車が入れない場所は「ストリートビュー トライク」

んで、気付いたんだけど、表札がハッキリと写ってるじゃんーっ。これってマズくない?
っと思ってググったら、ぼかし依頼ができるらしい。

詳しくは↑のググり結果を見てください。。
ここでは、自分が依頼した内容について記録しますφ(..)


以下はPC版の話ですが、スマホアプリでも同様の依頼ができるらしいので、アプリでしたい場合は自分で調べてみてね(*ノω・*)

まず、ストリートビュー画面の右下にある「問題の報告」を押します。
(ぼかし依頼対象が見える状態で押しましょう。押してから移動することもできるんだけど、画面が狭いので、操作しにくいので。)

「不適切なストリートビューを報告」画面が表示されます。
今回は表札にぼかしを入れてほしいので、「ぼかしのリクエスト」欄で「表札」を選びます。

すると、「ぼかしを施す表札の識別に役立つその他の情報を入力してください。」というテキストエリアが出現するので、私の場合はここに、見えてしまっている住所(町名○丁目○−○)と名前を入力してみました。
マップ表札1
※↑の画像の表札部分はワタクシメが画像処理しました((_ロ(・д・。)゛ケシケシ

人力で処理しているみたいなので、「お願いします」と書きました。血の通ったモノ同士、最低限の礼儀というものです(^o^;

その他、必須項目を入力して「送信」ボタンを押すと、完了画面となり、同時に受付完了メールが送られてきます。
マップ表札2

私の場合、受付完了メールの40分後に更新完了メールが届きました。
メールにしばらく気付かなかったので、確認したのはその数十分後くらいだったけど、見た時にはぼかしが入ってました(・∀・)
マップ表札3

リクエストから1時間で不鮮明化処理が適用されるとは…予想以上に素早い展開でした。
それだけ、グーグル様としてもプライバシー保護に敏感ということなのでしょうね。。


P.S.
よく見たら区までバラしちゃってるー(*ノ∀`*)
まっ、イイか(-_-;)