URLなどをサンプルとして例示する場合。
適当なドメイン名を使ってしまうと、実は存在していた。なんてことになり兼ねない。

例えば、「hoge.com」なんて、使ってしまいそうだけど、存在します。
Hoge Lumber Company

下手にinfo@などをつけて例示してしまうと、実存アドレスになっちゃうんじゃないかな。

まぁ、そんな事態が実際にあったのかもしれない。
その前に偉い人は気づいていたのかもしれない。
それ用のドメインがあった。

例示/実験用として利用できるドメイン名 − @IT

example.com
example.net
example.org

この3つを使えば、実際には利用されていないことが確約される、ってコト。
日本のドメインもある。
example.jp
example.co.jp
example.ne.jp


( ・∀・)つ〃∩ ヘェーヘェーヘェー