普段何気なく使っているお金。そしてセレブでもない身では良く使うことになる硬貨。
よく使っているのに、気付かなかった事実が発覚し、愕然とした。

っという訳で、クイズにしてみよう。

硬貨を以下の2つのグループに分けました。
・500円玉,10円玉,5円玉,1円玉
・100円玉,50円玉

どういうルールで分けられたでしょうか?


↓こたへ。
以下、造幣局のページより。
Q. 貨幣に年銘(年号)が入っているのは何故ですか?また貨幣の種類によって、年銘(年号)の数字表記が異なるのは何故ですか?
A. もともとは金本位制・銀本位制の時代に、金貨や銀貨の品位をはっきりさせるために、年銘(年号)を極印していました。現在でも、その慣行が残っているものです。
貨幣の年銘(年号)の数字表記には、漢数字のものと算用数字(アラビア数字)のものがありますが、これは、貨幣に使用される文字の書体についても、それぞれの貨幣デザインの一部としてデザインされたものとお考えください。
貨幣のデザインは、最終的には政府の閣議で決定されますが、それぞれの貨幣デザインとして、漢数字、算用数字を用いたデザインが選ばれたものです。


つまり、正解は、年号が漢数字表記のものとアラビア数字表記のものとでグループ分けしたということでした〜。

ちなみに、5円玉にいたってはアラビア数字が一切使用されていない。っていうのは↓の記事を見て初めて気づいた。
(5円玉以外は裏面(年号が刻まれている面)に「何円か」をアラビア数字で表示している)
Q. 5円貨だけ、どうして算用数字(アラビア数字)が入っていないのですか?
A. 貨幣のデザインは、造幣局の職員が作る場合や一般の方から図案を募集する場合がありますが、いずれにしても複数のデザインの中から選ばれ、最終的には政府の閣議で決定されます。
5円貨については、昭和24(1949)年に穴(正式には「孔」と表記します。)あきの黄銅貨として、「稲、歯車、水」と「双葉」のデザインで誕生しました。
その後、昭和34(1959)年に文字の書体が楷書体からゴシック体へと改正され、現在の5円貨のデザインとなっています。
このように、数字や文字についても、その書体を含めた全てが貨幣デザインの一部であり、5円貨のデザインとして、算用数字のない現在のものが選ばれました。