天井照明器具と書いてシーリングライトと読む。。

…というのはちょいウソで、

天井照明器具は英語で「ceiling light」というから、カタカナ語でシーリングライトと言う。

っというのが正解かな。間違いでも無いような気がするので、ちょいウソとしておきました。。

何が言いたいのか、というと、天井=ceilingな訳だが、プログラムでまぁまぁ使う、小数点以下切り上げの関数、「ceil()」のことを、ずっと「セイル」って読んでおりました(ノ´∀`*)

発音記号は「siːl」らしいので、カタカナにすれば「シール」ですね。お恥ずかしいorz

ちなみに、小数点以下切り下げは「floor()」で、言わずもがなだけど「床」って意味。
切り上げは「天井に投げて貼り付ける」、切り下げは「床に落として貼り付ける」、ってイメージですね。

いや、本当は何が言いたかったのかというと、
関数「ceil()」も昔から使ってた。
「シーリングライト」って用語も知ってた。
で、最近この二つが同じ語源だったと結びついて、「おお、そうだったんだ」と軽い感動めいた気持ちになった。
というお話。

他にも同じようなことがあったような気がするんだけど、思い出せないなぁ。。。

あ、Androidマーケット(旧い)の評価欄で、「。。。」を毛嫌いしてる人が居たのを思い出した。
『英語の「...」と同じように使っているんだろうけど、正しい言葉を使おうよ』とか言ってた。
別にええやん。。。


あ、そうだ。
シーリングライトってだいぶ安くなったんだねぇ。
品数限定だけど、「LEDシーリングライト6〜8畳用」が¥6,280ってのを見つけた。
買っちゃおうかなぁ(´∀`*)

ここでアフィリエイトを貼りたいところだけど、めんどいからやめた('A`)