2017年02月



こんなネタばっかし…(^o^;)

っと思ったら、前回の記事と同じで、左は子の名には使えず、右は子の名に使える、というパターンでした。
なぜにコンピューターで表示できないほうを採用するのか…。
「より正しいから」なんだろうけど(;´Д`)
×

※マルバツは「正しい・正しくない」ではなくて「使用可・不可」を表しています

左上が「」ではない、つまり、
一画目が縦の点ではなくて「」ということですね。

証拠は、法務省 戸籍統一文字情報です。
ここで、調べると、右のほうの文字には「文字区分」に「子の名に使える文字、人名用漢字」と出るのに対し、「龍」では「文字区分」には何も出ません。つまり子の名には「龍」は使えない、ということですね。

質問サイトの回答なのでアレですが、、
平成16年にすべて、龍の字は横棒に改正された

だそうです。


中学校の同級生に「龍」の字を使った名前の友達が居て、カッコイイなぁ、と大層羨ましがったものだったのだが、なんだかこの一画目が横線のだと、そんなに羨ましくないかも(^o^;) 続きを読む
  VS.  
𠮟

右のほうは機種依存文字なのでWindowsならば表示されるはず。Macとかだと文字化けしてるのでしょう。

結論は、コチラに詳しく書いてあります。


コチラの記事のほうがわかりやすかったかも。


パソコンとは関係ない話もありました。


う〜ん、昔なつかしい「〜」問題と同様なのかなぁ…。


っと思ったけど、どうも違ったみたい。。


続きを読む