2016年11月


ブルースクリーンエラー(BSoD)やOSのフリーズなどで、やむを得ず強制シャットダウンした場合、ソフトウェアRAIDの再同期が発生する。
その場合、自動的に再同期が開始されていて、後から『そういえば』ということになったりする。

「ディスクの管理」を開くと、下図①のように「再同期中」とだけ表示され、進捗状況はまったくわからない。
saidouki01

続きを読む
CakePHPで、通常ユーザーの認証と、プレフィックスを付けるなどして管理画面を切り分けて、そちら側でも認証を設けた場合。

そのまま使っていたら、通常ユーザーで認証したあとに管理画面を見てみたら、『あれ?認証画面が出ない…』となって、よく見てみたら、通常ユーザーで管理画面の認証が通ってしまってた(゚д゚)
うっかりしていた(;´Д`)

はい。通常ユーザー認証と、管理者認証とで、異なるセッション名(sessionKey)を使いましょう。

続きを読む
PHPでCSVを生成する時に便利そうなfputcsv関数ですが、これをWindowsなExcelで読み込もうとすると、下記のような問題があります。

  • 改行コードがLFで固定

  • 「\"」がそのまま出力される



続きを読む
CentOS6をインストールした仮想サーバの、(多分)yum-cronから、依存関連エラーメールがやってきた。

Subject: System update: localhost.localdomain
--
Error: パッケージ: util-linux-ng-2.17.2-12.24.el6_8.1.x86_64 (updates)
要求: kernel >= 2.6.32-642
インストール: kernel-2.6.32-504.8.1.el6.x86_64 (@updates)
kernel = 2.6.32-504.8.1.el6
kernel = 2.6.32-504.8.1.el6
(略)

続きを読む
PEBCAK (PEBKAC)
Problem Exists Between Chair And Keyboard.

『問題は椅子とキーボードの間に存在する。』
つまり
『問題はσ(゚∀゚ )オレ』
ということですな。


質問サイトで、質問したけどつまらない原因だった時、この語を使っているヒトが居た。
日本語だと、「orz」とか「逝ってくる(※)」とか言うところか(-_-;)
最初、質問者か回答者の名前(ハンドルネーム)かと思ったが、そんな名前のヒトはおらず。
んで、調べてみたら、↑のようなシャレだった。

今度使おう。
いや、使う機会など訪れないほうが良い訳だが(^o^;)

※:コレってもしかして、もう死語なのか(^o^;)?逝ってくるとは - 日本語表現辞典 Weblio辞書


■おまけ
PEBCAKのバリエーション。こんなにも豊富でした。(ソース:PEBCAK - Wiktionary)
  • EBKAC (Error Between Keyboard And Chair)

  • PEBIAC (Problem Exists Between Interface and Chair)

  • PEBKAC (Problem Exists Between Keyboard And Chair)

  • PIBCAK (Problem Is Between Chair And Keyboard)

  • PIBKAC (Problem Is Between Keyboard And Chair)

  • PLBKAC (Problem Lies Between Keyboard And Chair)

  • POBCAC (Problem Occurs Between Computer And Chair)

  • PEBCAC (Problem Exists Between Chair And Computer)

  • PEBMAC (Problem Exists Between Monitor And Chair)

  • PICNIC (Problem In Chair Not In Computer)

  • PEBKAM (Problem Exists Between Keyboard and Monitor)

  • PEBCATS (Problem Exists Between Chair and TouchScreen)

  • PEBCAI (Problem Exists Between Chair and iPad/iPhone)

  • PITNNIC (Problem In Their Network Not In Computer)

  • PEBKAS (Problem Exists Between Keyboard And Seat - British English)