2013年08月

特別区民税・都民税の自動引き落とし口座を変更したい場合は、まず区役所に相談しましょう。

…という、当たり前の話。

そうすると、手続きのための書類を送ってもらえるみたいです。

…そうしないと、ヒドい目にあいますよ(T_T)


というわけで、以下、ヒドい目にあった話です。

引き落とし口座が現在使っていない口座になっているので、変更しようとした。
ネットで調べたら、以下の様なことが書いてあった。
・新しく設定する金融機関で新規に引き落とし口座に設定すれば役所にも連絡が行く
・役所が連絡を受けたら新しい方の口座から引き落とすので、二重になることはない
・現在設定している口座がある金融機関には連絡の必要なし(引き落とされなくなるだけだから)

なので、意気揚々と、都市銀行まで行った。
まず、「この書類に記入してください」と、用紙を渡される。
(やっぱりこの手続でいいんだ、)と思う。
だが、記入中に「現在の引き落とし口座の金融機関でも取消手続きが必要です」と言われる。
(話が違うじゃん、でもまぁいいか。。)と軽く考える。。
というわけで、現在の引き落とし口座の金融機関まで行きました(※)。
そして取消手続き終了…の時に、「役所にも確認してください」と言われる。
帰って役所に電話。「次回の引き落としには間に合いませんので、現在の引き落とし口座からの引き落としになります」。
えっ、取消して来ちゃったよ、と伝えると、「現在の引き落とし口座に、次回までは引き落とせるようにしてもらってください」と。
ええーっ。。仕方なく金融機関に電話してみると「書類に記入していただきたいので、ご来店ください」。。。
また行かなきゃいけないのー(;_;)?


はい。素直に役所に問い合わせましょうね。

最後に一言。
質問サイトで回答してた奴。知ったかぶってんじゃねーよ(゚Д゚)
いやぁ、ネットの情報は鵜呑みにしては行けませんねぇ。。。
あ、二言になっちった(*ノω・*)テヘ


※↓のような、とってもスマートな行き方でした(´・ω・`)
支店の場所を調べる
一番近い支店まで5措
チャリで行こう
支店まで行く
口座がある支店じゃなきゃダメ(゚д゚lll)
こうなったらチャリで行ったる(`・ω・´)
そっちまでは10繕の道のり(:.;゚;Д;゚;.:)
今日もありましたね。緊急地震速報の誤報が。
『M7.8』と出て、超ビックリ(゚д゚)!

でもね、結局は…M2.3でした┐(´д`)┌

飛び出した心臓を返せっ!
あ、いや、まだ飛び出してなかった(*ノω・*)テヘ

…とまあ、文句のひとつも言いたくなるところですが。。
緊急性を高めるためには仕方ないのです。
(追記:緊急性を高めてどうする(^_^;)「速報性を高める」かな、この場合。)

でもね、オイラはそういうものだとわかっているけど、、
それでも文句を言いたくなってるけど(ノ´∀`*)、、、
一般の人々には浸透してないんじゃないかなぁ。
すでにオオカミ少年化しているのでは(;´Д`)


データをじっくり精査すればもっと精度を上げることはできるようですが、それよりも1秒でも避難時間を稼ぐためには、早さを上げる方が有効。ある程度の空振りがあるのは予測の範囲内ということです。
なぜ起きる?緊急地震速報の誤報 - NAVER まとめより

もっと、↑この辺りの事情をわかりやすく説明して、今回のケースは何が原因だったのかを説明したりしないといけないんだと思う。
そうしないと、不信感がつのって、
『どーせ当たらないんだから、配信するなよ』
とか言うお偉いさんが出て、

  配 信 中 止 の お 知 ら せ

とかなっちゃうよ((;゚Д゚)


仕方がない、誰もやらないなら、オイラがわかりやすく説明するか(`・ω・´)
えっ、なになに…
イケガ○サンが解説してくれるって?
そうかそうか、イ○ガミサンが。。。それじゃあ仕方ない。譲りましょう(´∀`*)

(追記)
誤報はまぁ仕方ないとして。。
誤報であったことがハッキリしたら、誤報を送信した先に「さっきのは誤報でした」って伝える手段が無いのがマズいんだよね(ニュースで「1時間以上経ってもまだ不安がってる人がいた」と言ってた…)。
速報と同じ方法で送信すると、アラームとか鳴って、「また地震((((;゚Д゚))))?」ってなってしまうから、もっと平穏に伝わる方法じゃないといけないんだろうな。。となるとまたそういった仕組みを作らなきゃならないのか…。
いや、少なくともテレビなら字幕で出せるし、ケータイ等でも今ある手段でなんとかできるでしょ。
せっかくのスゴいシステムなんだから、こんなことで評価を下げて欲しくないものです(*゚∀゚)
っと、外野だからお気楽に言えちゃうのでした。。。